Q & A

ハウスクリーニング全般

ハウスクリーニングの予約は、何日前までに申し込めばよいですか?
ご予約は、3日前から承っております。「予約ページ」もしくは「LINE」または「お電話」からお申し込みください。「予約ページ」または「LINE」でのご予約は、3つ以上の日程候補をあげてください。ご予約が集中し、ご希望の日時に伺えない場合は、【メッセージ】にて改めて日時をお伺いします。
ハウスクリーニングのプロとしてこれは自信があるという技術や、作業方法はありますか?
“おそうじワーク” は、「ナチュラル・ハウスクリーニング」でおうちの隅々までキレイにします。天然成分から生まれた “エコ洗剤(オーガニック洗剤)” を使うので、お掃除する素材にダメージを与えず、洗剤を使う人に悪影響が少なく、自然環境への負荷も軽いため、デリケートな赤ちゃんやペットにも安全で優しいことが特長です。“エコ洗剤” がもつ天然の除菌・消臭効果で、雑菌の繁殖といやなニオイの発生を抑え、静電気を帯びないのでホコリが付きにくいなど、優れた特長がありながら、合成洗剤にも負けない洗浄力がアピールポイントです。
ハウスクリーニングの作業中は、ずっと付き添っていなければなりませんか?
お客さまご不在時のサービスは行っておりませんが、作業中の外出は可能です。汚れの状態や設備状況から判断して、作業予定時間をお伝えしますので、お好きなお時間をお過ごしください。作業前の事前説明と作業後の施工箇所の確認のため、必ずお立合いをお願いしています。
汚れがしつこく、予定よりも作業の時間が長くなってしまった場合、元々の料金に加えて、別料金が発生することはありますか?
「汚れがひどいので・・・」「特別な設備なので・・・」という理由で作業時間が長くなっても追加料金を請求いたしません。お掃除後の確認点検で気になる箇所があれば、お気兼ねなく現場スタッフにお申し付けください。ただし、作業箇所の状態により、汚れが落としきれない場合があり、汚れやカビによる変色などは、お掃除で素材が元の色に戻らない場合があります。
ハウスクリーニングはセットで依頼する方が、別々にキッチンやお風呂をクリーニングするよりお得になりますか?
当店の場合、浴室クリーニングとキッチンクリーニングをセットでご依頼いただくと、単体の場合に比べてお得な価格設定にさせていただいております。また、ハウスクリーニングは、まとめてご依頼いただくと、準備や後片付けの作業時間が短縮できるので、トータルで時間短縮となることがお客さまのメリットです。
同じハウスクリーニングでも、業者によって料金が異なるのはなぜですか?使用する道具や洗剤が違うのでしょうか。
ハウスクリーニングは、汚れの性質や状態に応じて、適した道具や洗剤を選択して使用しながらお掃除していきます。それぞれの汚れに対応できる洗剤の種類や使用する道具や機材もほぼ決まっており、大きな違いはありません。料金の違いは、サービス価格が需要と供給のバランスにより決定されますが、大手フランチャイズの加盟店の場合、加盟店手数料や本部の広告費・管理費がサービス価格に上乗せされますが、高い認知度、ブランド力が競争力となって高価格帯を維持しています。一方、個人や小店舗の場合、このような中間経費を削減することで、お客さまに喜ばれるお値打ち価格を実現しています。
業者によってハウスクリーニングの作業時間が違うのは、何故ですか?
大手フランチャイズや小店舗の場合でも、ハウスクリーニングで使用する洗剤の種類、道具や機材がほぼ決まっており、業者間で大きな違いはありません。同じ洗剤、道具や機材を使用すれば、時間当たりの仕事量(お掃除の内容)は同じようになるはずなので、短時間で済んだから、スムーズに効率よく作業できたとはなりません。当店の場合は、マニュアルで作業範囲を限定せず、お客さまに喜んでいただけるように気付いた汚れは徹底して落とすことを基本サービスとしていますので、長時間の作業となる傾向が高くなっています。
ハウスクリーニングをセットで予約した後、別の箇所をお掃除してもらいたくなった場合、当日に掃除箇所を追加でお願いすることは可能ですか?
ハウスクリーニングの追加作業は、スケジュールの空きがあれば、いつでもお受けできますので、是非、ご相談ください。ただし、お掃除内容によっては、専用の洗剤、道具や機材が必要な場合もありますので、残念ながらお受けできないこともございます。

エアコンクリーニング

エアコンクリーニングの目安や合図はありますか?素人でもわかるお掃除を頼む基準になるものがあれば教えてください。
エアコンクリーニングの目安として、エアコンの吹き出し口に「黒い斑点」が現れているか確認してください。この斑点が少しでも見えると、目に見えないエアコンの内部でカビが繁殖しているので、早期にエアコンクリーニングを実施するのがベストです。日常のフィルター清掃では、カビの栄養源となるホコリを断つことができても、エアコン内部で増殖しているカビをキレイにすることができません。カビは、大好物の湿気が溜まる熱交換器の内部やファン周辺で発生します。お掃除機能付きエアコンでもフィルター表面のホコリは集塵できても、エアコン内部のカビを除去することができないためです。
エアコンを掃除するときにこれはやってはいけないという注意点はありますか?
通常の一般的なお掃除での注意点はとして、エアコンのコンセントを差したまま(電源が入った状態)でお掃除すると、ルーバーを開けた際にモーターの故障や、誤操作でファンが急に回転してケガや破損の原因となってしまいます。なので、ルーバーを開いてお掃除する場合は、コンセントを抜いてから実施しましょう。もう一つは、フィルター洗浄の際にスポンジやブラシで擦らないことです。フィルターを擦ると目が粗くなり、ホコリをキャッチできず通してしまうからです。お掃除の際は、1ℓのお湯(40℃)に重曹50gとキャップ1杯の台所用中性洗剤を混ぜた洗浄液に漬け置き洗いしてから、温水シャワーで洗い流すとキレイになります。
お掃除機能というのがついているエアコンを使っているのですが、お掃除機能と内部クリーン運転というのがあります。お掃除機能と内部クリーン運転では何が違うのでしょうか?
お掃除機能は、フィルターの表面に付いたホコリをブラシでかき取って取り除く機能です。内部クリーン運転は、冷房や除湿運転の停止後、結露した熱交換器やその周辺の水分を乾かすために自動で送風運転する機能です。より素早く乾燥させるため、送風に加えて暖房運転する機種もあります。ただし、いずれの機能も万能ではなく、例えば、キッチンの近くに設置されているエアコンは、油煙を吸い込むため、フィルターが黄色く油汚れが溜まることがありますが、お掃除機能では、この油汚れをキレイにすることができません。また、熱交換器やドレンパン、ファンに付いたホコリやカビ汚れも内部クリーン機能ではキレイにすることができません。
1か月前にエアコンクリーニングをしていただいたのですが、最近またクリーニング前のようなにおいがします。原因として何が考えられますか?
おそらくカビの再発生が原因かと思います。カビは、繁殖するための4つの要素が全て揃えば、あっという間に繁殖してしまいます。①湿度80%を超すと急激に繁殖。②気温20℃~30℃で繁殖。③ホコリや油汚れなどを栄養にして繁殖。④カビは生き物なので酸素が必要。この4つの要素のうち、1つでも取り除くと、カビは繁殖しません。一番効果があるのは、①のエアコン内に湿気を溜め込まないことです。冷房運転後に内部クリーン機能や送風運転で水滴が付いた熱交換器(アルミフィン)を十分に乾かすことが、カビの予防対策に有効です。
エアコンクリーニングで使う洗剤に、エコ洗剤を使う場合があると聞きました。通常の洗剤とは何が違うのでしょうか?
当店がエアコンクリーニングで使用する天然成分から生まれた “エコ洗剤” は、優しく汚れを落とすので、デリケートな赤ちゃんやペットにも安心・安全なことが特徴です。また、合成洗剤より作業の手間と時間がかかりますが、“エコ洗剤” の除菌・消臭効果により、いやな臭いや細菌の発生を抑えたクリーンな環境を得られるのが大きなメリットです。一方、通常のエアコンクリーニングでは、化学薬品から作られた強アルカリ洗剤を使います。強アルカリ洗剤は、洗浄力が非常に高く、エアコンの汚れを短時間で落とすことができるものの、お掃除する素材にダメージを与え、洗剤を使う人に悪影響を及ぼし、自然環境へ負荷をかけてしまうデメリットがあります。
市販のエアコン掃除用スプレーを使って掃除をするか、プロの業者さんにエアコンクリーニング を頼むか迷っています。スプレーと業者さんのエアコンクリーニングではやはり違いは大きいですか?
市販のエアコン洗浄スプレーは、熱交換器のアルミフィンの表面を掃除できても、内部までは掃除できないので、清掃範囲が限定されるのでおすすめできません。お掃除機能付きエアコンの場合は、その部品が邪魔してスプレーできる範囲が狭く、きれいにすることができません。中途半端なお掃除でカビが残っている箇所があると、あっという間に増殖して掃除前の状態に逆戻りしてしまうからです。なので、、、キャッチフレーズほど”フィンの奥まで、キレイサッパリ”とはなりません。やはり、エアコンを分解して、高圧洗浄するのが一番です。
エアコンクリーニングで内部をきれいに掃除すると、エアコンの効きが良くなって電気代が安くなると聞いたのですがそんなことはありますか?
エアコンは、大量の空気を吸って冷やしたり、温めたりしてからその空気を吐き出します。フィルターや熱交換機(アルミフィン)が汚れていると、風力が低下するので、高出力運転で負担がかかるため、無駄な電気代を消費してしまいます。エアコンクリーニングでキレイになると、空気の流れがスムーズになるので、約20%の電気代が節約できるといわれています。

古い機種や海外メーカーなど、お掃除をお願いできないエアコンはありますか?

今シーズンの一番古いエアコンは、23年前のものでした。当店は、10年以上経過したエアコンもクリーニングを実施しています。丁寧に作業すれば、どのエアコンもキレイにピカピカになっています。しかしながら、これまでクリーニング後に動かなくなったことはありませんが、プラスチック部品は、紫外線と熱による経年劣化で折れやすくなるので、割れやカケが稀に発生します。この場合、お客さまのご了承のもと現場で修理させいただいております。また、未だに遭遇していませんが、標準使用期間の10年をはるかに超えたエアコンは、コンセントの抜き差しで起きる突入電流(電気機器に電源を投入した瞬間に、定格電流よりも大きな電流が流れる現象)で基盤が破損することもあり、不可抗力となるため止むを得ずお客さまに故障リスクをご負担していただいております。また、海外メーカーの場合、一般家庭用の壁掛けエアコンでしたら、、補償はできませんが作業は可能です。
作業をお願いするエアコンの下に、テレビやソファーなどの家具があるのですが、それでも作業は可能ですか?事前に動かしておく必要がありますか?
エアコンの下に家具や電化製品があっても養生(水で濡れても大丈夫なように綺麗なタオルやビニールシートですっぽりと包みます)すれば、大抵の場合は、エアコンクリーニングが問題なく実施できるのでご安心ください。万が一、器具の落下などで破損が予見される場合は、当日現場で移動させていただく場合もございます。もし、ご自身で事前に家具や電化製品を移動していただければ、その分の作業時間が短縮されますので、たいへん有難いです。
エアコンクリーニング の高圧洗浄の際の音はうるさいですか?ご近所にご迷惑をかけたりしますか?
高圧洗浄機は、運転音が静かな室内使用に適した100V電源のモーター駆動の製品を使っています。運転音は、掃除機、ヘアドライヤー、ミキサー、フードプロセッサーと同程度ではないでしょうか。ただし、運転時は、一般家電に比べて振動が大きいため、マットの上に設置して、振動を吸収するように配慮しています。運転時間は、10分から15分程度ですが、これまで運転音の苦情が届いたことはありまので、ご安心ください。
自分で定期的にエアコンのお掃除やお手入れをやっているのですが、そんな場合でもエアコンクリーニングを頼む必要はありますか?
エアコンクリーニングは、エアコンを分解して、プロが使用する高圧洗浄機で「カビ汚れ」をリセットするのがお勧めです。日常のフィルター清掃では、カビの栄養源となるホコリを断つことができても、エアコン内部で増殖しているカビをキレイにすることができません。お掃除機能付きエアコンでもフィルター表面のホコリは集塵できても、エアコン内部のカビを除去することができません。市販のエアコン洗浄スプレーを使用しても、本体ユニットが邪魔をしてスプレーできる範囲が狭くなり、熱交換器のアルミフィン全体を掃除できません。また、ファンやドレンパンまでは掃除できないので、清掃範囲が限定されるのでおすすめできません。中途半端なお掃除で「カビ汚れ」が残っている箇所があると、あっという間に増殖して掃除前の状態に逆戻りしてしまうからです。
エアコンクリーニングをするのに最適な時期を教えてください。お掃除する最適な頻度も、もしあれば教えてください。
エアコンクリーニングの最適な時期は、夏が終わった「秋」をお勧めしています。その理由は、「カビ汚れ」は、夏場に本体の熱交換器で生じる結露水が原因となって発生しますが、秋から冬場にかけては本体の熱交換器に結露水が生じず(逆に室外機の熱交換器が結露します)、空気も乾燥するので、カビが繁殖しないためです。また、この時期は、万が一作業中に故障が発生しても、メーカの修理サービスが素早く受けられることも理由のひとつです。エアコンクリーニングの頻度は、1年に1回が理想的ですが、長くて3年に1回は実施してみてはいかがでしょうか。嫌なニオイの原因の多くは、「カビ汚れ」ですが、キッチンに隣接するリビングに設置しているエアコンは、「油汚れ」も考えられます。調理の際に発生する油煙をエアコンが大量に吸い込み、内部の隅々で「油汚れ」が蓄積されるためです。
エアコンクリーニングを依頼する場合、予約が取りやすい時期があれば教えてください。
エアコンクリーニングは、夏の繁忙期(5月~8月)が終わった「秋」になると予約が取りやすくなります。エアコンクリーニング業者は、ハウスクリーニングも行っている場合が多く、11月から12月にかけてキッチンや浴室などの水回りのお掃除の繁忙期になるため、その前の気温が暖かく汚れが良く落ちるこの時期がお勧めです。さらに、「秋」にエアコンクリーニングを行う最大のメリットとして、カビは、夏場の冷房で本体の熱交換器で生じる結露水が起因して発生しますが、冬場の暖房では本体の熱交換器に結露水が生じず(逆に室外機の熱交換器が結露します)、空気も乾燥するので、カビが繁殖しないからです。そのため、カビの発生を抑えたまま翌年の冷房時期を迎えることができます。また、この時期は、万が一作業中に故障が発生しても、メーカの修理サービスが素早く受けられることもメリットのひとつです。
エアコンクリーニングの際に、分解したエアコンの部品は、どこで洗浄しますか?お風呂場を使ったりしますか?
エアコンの部品洗浄は、戸建て住宅の場合、屋外の散水栓をお借りします。マンションの場合は、バルコニーをお借りしますが、どうしても洗浄する場所がない場合は、浴室をお借りすることになります。いずれの場合も、洗剤や洗浄液が飛散しないようにビニールシートで養生してから作業を実施いたしますので、ご安心ください。
プロが自分でも使っている、市販品の中でおすすめのエアコンお掃除アイテムはありますか?
折り曲げて狭いところもお掃除できる「すきま用ハケ」がお勧めです。細長いスチール板の柄(長さ25㎝、幅2㎝)の半分に厚みのあるポリエステル繊維が貼ってあります。この繊維部分に水で薄めた中性洗剤や消毒用エタノールを含ませ、エアコンの吹き出し口をお掃除することができます。ペンキ塗装のすきま用のハケですので、耐久性もあり、あらゆるお掃除に何かと重宝しています。ホームセンターの塗装コーナーにあり、300円程度で購入することができます。お掃除には、繊維が両面に貼ってある両面タイプが使い易いと思います。
エアコンのリモコンの効きが悪いのですが、エアコン本体の状態や、汚れなどと何か関係があるのでしょうか?
リモコンの効きが悪いのは、リモコンの電池が消耗している可能性が高いです。この場合、リモコンの液晶部分の表示が薄くなっているはずです。また、電池交換をしても効きが悪い場合は、リモコンの赤外線送信部の汚れ、もしくはエアコン本体の赤外線受信部の汚れが考えられますので、水で薄めた中性洗剤を含ませた柔らかい布などで優しくお掃除してみてください。
エアコンの中にいる虫で多いのは何で、何故エアコンを住み家にしているのでしょうか?
エアコンの中にいる虫で圧倒的に多いのは、チャタテムシとゴキブリです。チャタテムシは、暖かく湿気のある場所を好み、カビや酵母などを餌として繁殖する虫で、湿度が75~90%で活発に活動します。体長は、1mm程度と非常に小さく、よくダニと間違われます。ゴキブリは、暗くて狭い場所を好み、湿度が75~100%のときに活発に活動し、カビやホコリ、油汚れなど、なんでも餌にします。つまり、これらの虫が好む環境は、エアコンの冷房時に湿度が90%以上となる熱交換器周辺です。誰にも邪魔されず、餌になるカビやホコリ、油汚れが沢山あるエアコンの内部は、まさに天国のようです。これらの虫は、18℃以下になると活動が鈍り、湿度が55%以下になると死滅するそうなので、予防には、まず湿度管理が一番です。冷暖を停止した後、内部クリーン機能を運転させてエアコン内部を乾燥させると、カビの発生を抑え、これらの虫の繁殖を予防することができます。内部クリーン運転の代用として、冷房を切った後、(できるだけ毎日)1時間程度、送風運転してエアコン内部を強制乾燥させると、カビの発生を予防することができます。送風機能が無い場合は、冷房の設定温度を一番高く(30~32℃)して運転すると、コンプレッサーが作動しないため、送風運転の状態になります。※内部クリーン運転は、エアコン内部を高温で加熱(暖房運転)してアルミフィンやファンに付着した水分を乾燥させ、内部のカビの発生を予防する機能です。

キッチンのおそうじ

これまで換気扇をクリーニングしてきた中で、最も落とすのに苦労した換気扇の汚れはどんなものですか?
換気扇の汚れのなかでも、白くなった「カチカチ」汚れを落とすのは、プロでもたいへん苦労します。油汚れは、最初は、無色透明の「油煙」ですが、1年ほど放置すると黒く「ベタベタ」になり、やがて白くなって「カチカチ」に変化してしまいます。石のような「カチカチ」油汚れは、アルカリ性洗剤を使っても中和しにくいので、非常に労力のかかる油汚れです。油汚れは、早く掃除すると手間がかからないので、こまめにお掃除すると良いでしょう。
換気扇を長く使い続けるコツはありますか?日頃から自分でできる、お手入れの方法があれば教えてください。
換気扇(レンジフード)を長く使うためには、機能低下や故障の原因となる油汚れを溜め込まないことです。プロペラ(シロッコファン)などにこびり付いた油汚れは、半年以内の初期の段階では、中性洗剤と重曹を1対1で混ぜたクリーナーを使ってお湯で洗えばキレイにすることができます。しかし、1年以上放置して黒くなった「ベタベタ」汚れ、3年以上放置して石のように白くなった「カチカチ」汚れは、かなり手間取ってしまうかもしれません。また、油汚れで塗装が緩んだ状態でお掃除すれば、簡単に剥げてしまうこともあります。この場合、錆を発生させて金属部分を傷めてしまっていることが多いので、早めのお手入れがお勧めです。
プロでも落とすことのできない換気扇の汚れはありますか?
換気扇(レンジフード)の汚れは、フィルター、プロペラ(シロッコファン)にこびりついた黒くなった「ベタベタ」汚れ、白くなった「カチカチ」汚れがあります。このうち、石のように固くなった「カチカチ」汚れの場合、時間をかけて掃除すれば、ほとんど取り除くことができますが、無理をすれば素材を傷めてしまうため、落としきれないこともあります。また、既に油汚れで塗装を緩ませ、錆を発生させて金属部分を傷めていることが多いので、塗装が剥げてしまって斑模様になってしまうこともありますので、早めのクリーニングがお勧めです。
キッチンのシンクの水垢を自分では落とせなくて困っているのですが、業者さんはシンクの水垢を落とす際、特別な洗剤などを使うのですか?
普段のお掃除では簡単に落とせない水垢の正体は、水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分です。プロの業者は、水垢がアルカリ性なので、強酸性の合成洗剤を使ってこれらの汚れを中和して効率的に落としていきます。しかし、市販品の浴室洗剤は、弱アルカリ性洗剤が多く、酸性の皮脂汚れを落とすことができますが、アルカリ性の水垢を中和して落とすことができません。この強酸性の合成洗剤の代わりに使える弱酸性の洗剤が「クエン酸」です。クエン酸は、酢やレモンなどの柑橘類に含まれる酸味成分からなり、食用にも使われるため、手軽で安心な “エコ洗剤” です。トイレの黄ばみ汚れにも有効で、魚・たばこ・トイレのニオイを消臭することもできる優等生です。強酸性の業務用洗剤ほど即効性はありませんが、水垢をキッチンペーパーでクエン酸パックしたり、洗剤に漬ける時間を長くすなど、少し工夫すれば初期の水垢なら落とすことができます。
自分で換気扇掃除をする際にやってはいけないこと、気を付けなければならないことはありますか?
換気扇のお掃除する前に、スイッチの誤操作でファンが急に回らないようにブレーカーの電源を切ったり、コンセントを外すなど、事故防止に努めましょう。また、お湯を使ってお掃除すると、ふやけた手が金属部分で切らないようにゴム手袋をはめて作業しましょう。
換気扇クリーニングで使われるエコ洗剤は環境にやさしいだけでなく、身体に及ぼす悪い影響も少ないですか?
おそうじワークは、「ナチュラル・ハウスクリーニング」を得意としており、おうちの汚れを天然成分から生まれた “エコ洗剤” を使って汚れを落とします。換気扇の場合は、純石鹼、重曹、セスキ炭酸ソーダを使って、優しく丁寧にお掃除いたします。自然由来の“エコ洗剤”を使うので、お掃除する素材にダメージを与えず、洗剤を使う人に悪影響が少なく、自然環境への負荷も軽いため、デリケートな赤ちゃんやペットにも優しいことが特徴です。
プロだからこそ知る換気扇掃除のコツはありますか?
換気扇(レンジフード)のお掃除は、「ベタベタ」や「カチカチ」になった油汚れが緩くなり、洗剤の洗浄力も高まる暖かい季節に行うのがコツのひとつです。年末の大掃除などで、時間をかけて一気にキレイにしようとしたところ、思いのほか「ベタベタ」や「カチカチ」になった頑固な油汚れに苦労した経験はないでしょうか。実は、寒い年末は、油汚れが硬く固まり、洗剤の洗浄力も低下するので、お掃除のオフシーズンです。暖かい季節に、徹底してお掃除すると、年末のお掃除が簡単に短時間で済んでしまうのもメリットではないでしょうか。
キッチンクリーニングをお願いすれば、キッチンの壁や床のお掃除も一緒にしてもらえますか?
はい。キッチンクリーニングでは、キッチンの壁や床も一緒にお掃除させていただきます。なお、当店の作業箇所は、次のとおりです。【作業箇所】ガスコンロ(IH)、魚焼きグリル(内部を除く)、天板、シンク、戸棚パネル、壁、窓、照明カバー、床、排水口
換気扇クリーニングの作業中はずっと、作業箇所での立ち会いが必要ですか?
お客さまには、作業開始前のご説明と作業終了後のご確認で立会いをお願いしております。換気扇(レンジフード)クリーニングの作業時間は、汚れの状態や設備の機種にもよりますが、3時間程度で作業が完了いたしますので、その間はご自由にお時間をお過ごしください。もし、作業途中で何らかのご説明を申し上げないといけない場合は、お声がけをさせていただきます。
換気扇の油汚れが固まってしまうと、プロの業者さんでも落とせない場合がありますか?
レンジフードの整流板、フィルター、シロッコファンにこびりついた黒くなった「ベタベタ」汚れは、プロの技術で簡単に落とせます。しかし、白くなった「カチカチ」汚れは、時間をかけて掃除すれば、大抵は取り除くことができますが、既にその油汚れで金属部分を傷めており、塗装を緩ませ、錆を発生させていることが多いので、油汚れを除去する際に塗装が剥げてしまいます。油汚れは、最初は、無色透明の「油煙」ですが、放置すると「ベタベタ」になり、やがて石のような「カチカチ」に変化してしまいます。なので、ご自身でお掃除する場合は、早めに掃除すると、労力を掛けなくて済むだけでなく、汚れもスッキリとキレイに落ちますので、1ヶ月に1回のペースでお掃除することをお勧めしています。

水回りのおそうじ

お風呂がユニットバスなのですが、通常のお風呂と比べて水回りクリーニングの料金は異なりますか?
ハウスクリーニング業者は、ユニットバスを基本料金としていますので、追加料金が発生することはないはずです。ありません。逆にタイル壁の場合、目地部分の洗浄に手間がかかるので、追加料金を提示する業者があります。当店は、ユニットバスで1坪(3.3㎡))サイズを基本料金としており、タイル壁でも特に追加料金をいただいておりません。
洗面所の換気扇は取り外せないタイプなのですが、奥のモーターにほこりが溜まっています。換気扇の奥のほこりを掃除する方法を教えてください。
換気扇のファンが取り外せない場合、歯ブラシなどで掃き掃除することになりますが、シロッコファンの羽のカーブが邪魔でブラシが入りにくく、非常に手間がかかってしまいます。この場合、お掃除道具に少し工夫が必要です。例えば、沸騰したお湯に歯ブラシの柄を浸けると、柔らかくなり自由に曲げることができます。ファンの形状に合うように曲げるだけで、ブラシの先が入りやすくなり、お掃除が思いのほかはかどります。また、円錐形のシングル歯ブラシがあれば、狭い箇所も効率よくキレイにできるので、お勧めです。
我が家の浴室には大きな鏡があります。浴室の鏡が曇りにくくなる、プロならではのウラ技があれば教えてください。
新聞紙と重曹で鏡をキレイにする方法をご紹介します。まず、シャワーで鏡を濡らしてから、新聞紙をクシャクシャに丸めたものに、重曹の粉を付けて鏡を磨きます。重曹の弱アルカリ成分で鏡に付いた皮脂汚れを溶かし、同時に重曹の粉がクレンザー代わりとなって硬く固まった水垢を削り落としてくれます。最後に鏡をもう一度、シャワーでキレイに洗い流してから、丸めた新聞紙に何も付けずにそのまま磨いて仕上げます。この仕上げ磨きは、新聞の印刷インクが重曹と同様に皮脂汚れを分解するクリーナー代わりになり、仕上げとして鏡にツヤを出し、曇り止め効果があるからです。
我が家のお風呂は、2つ穴風呂釜という少し特殊なものなのですが、業者さんにクリーニングしていただけますか?
浴室クリーニングのオプションとして承ります。当店は、エコ洗剤を使用したナチュラル・ハウスクリーニングが特徴であるため、風呂釜洗浄にも天然成分から作られた酸素系漂白剤を使ってキレイにさせていただきます。2つ穴の風呂釜は、水を自然循環させてお湯を沸かす仕組みなので、ポンプの力を使った強制循環の1つ穴に比べて、どうしても汚れが溜まりやすくなります。そのため、浴室クリーニングの際に一緒にお掃除することをお勧めいたします。
水回りを清潔に保つ方法として、プロの方が勧める方法があれば教えて下さい。
一番簡単な方法として、水滴が付いたらすぐに拭き取ることです。私が洗面台で実践している方法は、手拭きタオルの交換の際、交換前のタオルで、鏡や洗面台に付いた水滴を素早く拭き取ってキレイにします。すると、汚れが溜まらずいつも清潔な状態をキープできるので、快適な朝からスタートできます。
洗面台の掃除を自分で行った場合と、業者さんにお願いした場合では、仕上がりがどのように異なりますか?
洗面台の汚れのうち、手垢、皮脂、化粧品カスなどの油が原因の酸性汚れ、黄ばみ、粘々とした黒ずみ、ピンク汚れなどのカビや雑菌汚れは、中性洗剤で丁寧にお掃除すれば、キレイになります。ところが、蛇口付近に白く固まった水垢や石鹸カスなどのアルカリ性汚れは、中性洗剤で落とすことができません。そのため、プロの業者は、「強酸性の業務用洗剤」を使ってこれらの汚れを効率的に落としていきますが、洗剤だけでなく、汚れに応じた多種多様な道具を使って適切に汚れを落としていくので、仕上がりが大きく違ってきます。
浴室クリーニングで使う専門の洗剤・道具がどのようなものか、具体的に教えてください。
まず、洗剤については「強酸性の業務用洗剤」です。市販品の浴室洗剤は、弱アルカリ性洗剤が多く、酸性の皮脂汚れカビを落とすのに効果がありますが、アルカリ性の水垢や石鹸カスを落とすことができません。そのため、プロの業者は、「強酸性の業務用洗剤」を使ってこれらの汚れを効率的に落としていきます。しかしながら、頑固な汚れを効果的に落とす強酸性の洗剤が一般向けに販売されないのは、使用方法を間違えると人体に重篤な悪影響や、浴室の素材に深刻なダメージを短時間に引き起こすなど、取り扱いが難しいからです。また、道具については、「高圧洗浄機」があげられます。タイル壁の目地やバスタブと壁の隙間など、スポンジやブラシで届かない箇所を強力なシャワー水で洗い流せば、溜まったヌメリなどが、キレイに落とせます。
お風呂クリーニングをお願いしたら、当日までに何か自分で準備しておくことはありますか?
浴室は、普段お使いの状態からお掃除させていただきますので、特に何もしていただく必要はございません。もし、シャンプーや石鹸、ボディタオルなど、お風呂グッズに作業員の手が触れるのが気になるようでしたら、あらかじめ片付けていただけると有難いです。
洗面台のヌメリがひどいのですが、洗面所クリーニングをお願いすればキレイになりますか?
洗面台のヌメリは、プロのクリーニングでキレイにスッキリとお掃除することができます。洗面台のヌメリの正体は、水気が溜まったところに皮脂や髪の毛、石鹸カスを栄養として繁殖したカビや雑菌です。このヌメリを放置すると髪の毛と絡まって詰まりの原因となったり、悪臭を発生させてしまいますので、日頃から注意が必要です。
浴室がどのような状態になったら、浴室をクリーニングする必要がありますか?何か目安になるものはありますか?
お風呂の汚れは、「①カビ、雑菌」「②皮脂汚れ」「③石鹸カス、湯あか、水あか」の3種類に大別できます。このうち「①カビ、雑菌」「②皮脂汚れ」は、日常のお掃除で汚れを落とすことができますが「③石鹸カス、湯あか、水あか」は、一般的な日常のお掃除では汚れを落とすことができません。これは、汚れの性質に応じた洗剤を使って中和しながら時間をかけて除去する必要があるため、プロの技術が必要になります。蛇口付近、バスタブやカウンターの上、壁、鏡などに日常のお掃除で落とせなくなった『白く硬くなった汚れ』が付いてきた時が浴室クリーニングを依頼するタイミングだと考えています。なぜなら、炭酸カルシウム系の『白く硬くなった汚れ』は、時間の経過とともに落ちにくい汚れになってしまうからです。
お風呂場を定期的に掃除するのと同様に、シャワーヘッドも定期的にお掃除したほうが良いでしょうか?
シャワーヘッドには、水道水に含まれるカルシウムやミネラル成分が乾燥して白く固まった “水垢” が溜まります。この “水垢” は、水に溶けにくく、スポンジやブラシで擦っても落ちにくい頑固な汚れですが、酸性の「クエン酸」を使えば、びっくりするほど簡単に落ちてくれます。お掃除の方法は、40℃ほどのお湯1ℓにクエン酸大さじ2杯(3%濃度)のクエン酸水の入ったバケツに1時間ほど漬けておき、“水垢” を緩ませてから歯ブラシなどで擦るだけのシンプルなお掃除です。簡単な漬け置き洗いなので、1ヶ月に1回のペースでお掃除すれば、いつも快適でキレイなシャワーヘッドを維持できるはずです。
お風呂場を掃除する際に、重曹を使って掃除をするのはプロの目から見て効果的ですか?
お風呂場(浴室)の汚れの大半を占める “皮脂汚れ” “湯あか” は、いずれもアルカリ性の「重曹」で落とすことができるので、とても効果的です。汚れ落ちが悪いときは「重曹」に食器用の中性洗剤を1対1の割合で混ぜ合わせると洗浄力がアップします。また、冷水ではなく温水で洗うと「重曹」のアルカリ濃度が上がり、洗浄効果が増しますのでお勧めです。また、“カビ” は、この “皮脂汚れ” を栄養分にして繁殖するため、“皮脂汚れ” をキレイに掃除することで、“カビ” 予防にもなり、発生して間もない初期の “カビ” は、「重曹」のクレンザー効果で落とすことができます。ただし、「重曹」は、“石鹸カス” “水あか” には効果がなく、クエン酸などの酸性洗剤で落とすことができます。
洗面所クリーニングでは、どの範囲まで掃除してもらえますか?鏡などもキレイにしてもらえるのでしょうか?
洗面所クリーニングの範囲は、キャビネット(表面)、シンク、照明カバー、排水口、蛇口、鏡、扉となります。鏡は、曇り止めコーティング施されているタイプのものが多く、たいへん傷つきやすいので、中性洗剤で汚れを落として、柔らかい布で拭き上げます。このタイプは、ダイヤモンドパッドやメラニンスポンジで擦ると簡単に傷が付いてしまいますので、ご注意ください。
洗面所のいたるところにカビが発生しているのですが、カビが生えるのを防ぐためには普段からどのようなお手入れをすれば良いですか?
カビは、湿度、温度、養分、空気の4つの要素が揃うことによって発生します。この要素をとひとつでも取り除くことで、カビの繁殖を抑制することができます。特に①の湿気を溜め込まないことが一番の予防策です。お風呂や洗面所に湿気が溜まらないように換気扇を常時運転したり、窓を開けて換気する必要があります。室内の空気の循環を良くするため、洗濯機やラックを設置するときは、壁際を5㎝ほど開けて空気の通り道をつくると良いでしょう。
【カビが繁殖する4つの要素】
①湿度60%以上で活動が活発になり、80%を超すと急激に繁殖します。
②気温0℃~40℃で活動し、20℃~30℃で繁殖します。
③人間の皮脂や垢、ホコリや油汚れなどを栄養にして繁殖します。
④カビは生き物なので、人間と同様に酸素が必要です。
浴槽エプロンの内部が汚れているのが気になっています。浴槽エプロンの内部のクリーニングをお願いすることは可能ですか?
お風呂・浴室クリーニングのオプションで「エプロン内部の高圧洗浄」が可能です。エプロン内部のカビやヌメリを高圧洗浄で除去してから、防カビ効果が約1年間持続する「防カビ・抗菌コーティング」を施工します。普段のお掃除では、なかなか手が届きにくい箇所ですが、専用の機材を用いて徹底してお掃除いたします。
洗面所を綺麗に保つために、毎日のお手入れの方法を教えてください?
毎日の洗面所の掃除は、洗面ボウルを水で濡らしたスポンジでこすり洗いするだけで大丈夫です。最後に洗濯前のハンドタオルで洗面ボウル、鏡や蛇口の水気をふき取って完了です。日々の簡単なお手入れで汚れが溜まらなくなるので、月1回まとめて念入りにお掃除すれば清潔でキレイな洗面所を保つことができるはずです。月1回のお掃除では、洗面ボウルについた皮脂や化粧品などの油汚を食器洗い用の中性洗剤とスポンジでこすり洗いして落とします。汚れ落ちが悪いときは、中性洗剤に重曹を1対1の割合で混ぜ合わせると洗浄力がアップします。蛇口や鏡に付いた白いうろこ状の汚れである水垢は、水が蒸発した後、ミネラルやカルシウムが残って白く固まったものです。この水垢にクエン酸水(水200ml:クエン酸小さじ1)をスプレーして汚れを緩ませた後、歯ブラシなどでこすり洗いするとキレイになります。
お風呂クリーニングを業者さんにお願いした場合、風呂釜も一緒に綺麗にしていただけるのでしょうか?
風呂釜洗浄は、浴室クリーニングのオプションとして承ります。なぜなら、当店は、エコ洗剤を使用したナチュラル・ハウスクリーニングが特徴であるため、風呂釜洗浄にも天然成分から作られた酸素系漂白剤を使ってキレイにさせていただきます。この酸素系漂白剤は、風呂釜洗浄の配管内に溜まる皮脂汚れや雑菌がもとのヌメリを効果的に落としますが、洗浄力を発揮するのに2~3時間程度かかるため、浴室クリーニングと同時並行で作業させていただきます。
水回りクリーニングの作業時間が予定していた時間より短くなったり、長くなったり変更されることはありますか?
水回りのおそうじのなかでも浴室クリーニングは、汚れの状況に応じて時間延長をお願いする場合が多くなります(短くなることは、ほとんどありません)。その理由は、お風呂の汚れは、「①カビ、雑菌」「②皮脂汚れ」「③石鹸カス、湯あか、水あか」の3種類に大別できますが、それぞれの汚れに効く洗剤の成分が異なります。汚れの種類に応じて段階的に作業を進め、汚れの種類ごとに時間をかけて中和させてから落とすためです。例えば、「②皮脂汚れ」は、アルカリ性の洗剤を用います。また、1週間前の汚れは、簡単に落とせますが、5年、10年と長い歳月を経た汚れは、どうしても時間がかかってしまいます。なお、汚れがひどい場合、時間延長をお願いしますが、「汚れがひどいので、、、」という理由で追加料金は、発生しませんので、ご安心ください。
洗面所クリーニングのときに、エコ洗剤などを使ってもらうことはできますか?
おそうじワークは、「ナチュラル・ハウスクリーニング」を得意としており、エアコン、キッチン、水回りなど、おうちの汚れを天然成分から生まれた“エコ洗剤”を使って汚れを落とします。洗面所の場合は、ココナツ洗剤や重曹を使って、優しく丁寧にお掃除いたします。自然由来の“エコ洗剤”を使うので、お掃除する素材にダメージを与えず、洗剤を使う人に悪影響が少なく、自然環境への負荷も軽いため、デリケートな赤ちゃんやペットにも優しいことが特徴です。
お風呂の排水溝から嫌なニオイがします。自分でもできるお掃除の方法を教えてください?
お風呂場の排水溝の嫌なニオイは、排水管内部に溜まった皮脂汚れや髪の毛などを栄養分として繁殖した「カビ」や「雑菌」が主な原因です。この場合も “エコ洗剤の過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)” で簡単に洗浄できますので、その方法をご紹介いたします。また、キッチンや洗面台の排水溝も同様にキレイにお掃除できます。
①まず、排水口周辺のゴミや髪の毛を取り除き、歯ブラシなどで排水管の内部の汚れを予め取り除く。
②50℃のお湯を排水口に充分流し込み、過炭酸ナトリウムの洗浄力を高めるために排水口内を暖め、汚れを緩ませる。
③過炭酸ナトリウムを約30g(大さじ2杯)を300ccのお湯(40~50℃)に溶かして、排水管の内側に降れるように流しいれる。
④そのまま2時間~ひと晩ほど放置したのち、たくさんのお湯で一気に洗い流します。
※過炭酸ナトリウムは、40℃~50℃のお湯を使うと洗浄効果が高まります。