早めにエアコンを試運転して夏の準備をしませんか!

〔エアコンの試運転で夏の準備を早めに済ませましょう!〕

6月初旬までにエアコンの試運転をして異常箇所を発見した場合、この時期ならすぐにメーカーの修理サービスが受けられますが、7月に入り気温が上昇すると、一気に問い合わせや修理対応が急増するため、長期の順番待ちを覚悟しなければならず、余分なストレスも重なり、肉体的にも精神的にも相当なダメージを受けてしまいかねません。

エアコンが故障でなくても、カビが原因の嫌なニオイが発生している場合、エアコンクリーニングの手配もスムーズにでき、部屋中にカビの胞子をまき散らすこともなく、シーズン最初からキレイな空気で過ごせます。今年の夏も例年に劣らず酷暑が予想されていますので、一足早い夏の準備を済ませましょう。

エアコンの試運転方法(ダイキン)
①温度を最低温度(16~18℃)に設定。10分程度運転しましょう。
 ※機種によって最低温度は異なります。
 ※電源プラグはコンセントに差し込まれていますか?
 ※リモコンの電池は切れていませんか?
②冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプが点滅していないかご確認ください。
③さらに30分程度(目安)運転し、室内機から水漏れがないかご確認してください。
 ※念のため、室内機の下に物を置かないようにしてください。
④異臭や異音がしないかご確認ください。

①~③の異常は、メーカーに修理を依頼することになりますが、④の異臭や異音の原因が汚れである場合は、エアコンクリーニングが必要です。カビが付着している場合、異臭が発生します。フィルターや熱交換器の汚れが過多(目詰まりがひどい状態)となっている場合、空気の通りが悪くなることで振動が発生し、異音に至るケースもあります。エアコンクリーニングは、是非『おそうじワーク』にご用命ください。

《ご参考》)各メーカーの試運転情報は、以下のとおりです。
■Panasonicエアコンの試運転はお早めに
■三菱「シーズン前の試運転で、夏本番を安心、快適に!
■SHARP「夏本番に備えて、エアコンのおためし運転をおこないませんか?

 

― お知らせ ―
夏本番の7月に入ると、エアコンクリーニングは、例年2週間以上の予約待ちが続きます。今なら、「エアコン複数台割引キャンペーン(1台あたり2,000円OFF)詳しく見る」及び「LINE 新規登録キャンペーン(20%割引クーポン)詳しく見る」を活用するとたいへんお得です!さらに予約もスムーズに取れるので、余分なストレスも発生しません。日常のお掃除では、キレイにならない箇所をプロに任せて解決してみませんか。

ご予約お待ちしております。