エアコンクリーニングの実施は、10月~11月が最適

お客さまからのご質問も多いエアコンクリーニングの実施時期ですが、10月~11月の秋が最適です。何かと混み合っている夏場の繁忙期を避けるだけでなく、次のようなメリットからお勧めしています。

キレイが長続き!

カビは、夏場の冷房(除湿)運転の結露水がエアコン内部の湿度を上がることで発生します。10月以降は、結露水を発生させる冷房を使わなくなるため、カビが発生しません。さらに、冬場の暖房運転の期間中は、逆にエアコン内部を乾燥させるため、カビは発生しません。翌年の冷房シーズンまでカビの発生を気にせず、キレイな状態で長く使えます。

汚れが良く落ちる!

秋は比較的暖かく、汚れも緩んでおり洗剤の洗浄効果が高いため、汚れが良く落ちます。空気も乾燥しているので、洗浄後に素早くエアコンが乾燥するので、カビを寄せ付けません。

修理対応が早い!

もし、作業中に破損・故障など事故が発生しても、この時期はメーカー修理まで素早く対応できます。特にこの時期なら真夏の猛暑日と異なり、エアコンがなくても日常生活に困ることもありません。新品に買い替える場合でも、繁忙期が終わっているため、モデルチェンジ前の在庫商品を安く購入でき、取付作業まで早期に完了できます。

料金が安くてお得!

夏場のハイシーズンでは特別料金が発生することもあるようですが、逆にこの時期はキャンペーンや割引の実施していることも多く、料金が比較的安くなっている場合があります。また、エアコンクリーニングの閑散期であるため、予約が取りやすいだけでなく、作業担当者のスケジュールに余裕があり、時間にとらわれず丁寧な作業が期待できます。

室内換気が容易!

作業中はエアコンを停止しますが、お客さまやペットが在室される場合でも、この時期は気温も高くなく、比較的過ごしやすいので安心です。室内の窓を全開にして空気の流れを作って換気をすれば、作業中にどうしても発生するホコリを屋外に排出するのも容易です。何かと気になるコロナウイルスにも、換気しながらの作業なので安全です。

最後に、綺麗なエアコンを長持ちさせる方法

キレイになったエアコンを長続きさせるため、次のポイントを実行しましょう。
・運転期間中は、フィルターのお掃除を2週間に1回(月2回)の頻度で実施
・冷房(除湿)運転の終了後は、内部クリーン機能や送風運転で湿気が溜まったエアコン内部を素早く乾燥
・オフシーズンでも、月1回は送風運転して、エアコン内部に新鮮な空気を送り、カビ予防を実施

詳しくは、こちらのブログをご覧ください。
→ 「エアコンの嫌なニオイやカビが付きにくくなるヒント」

<おそうじワーク けいはんな店は、生駒市、奈良市を中心に「エコ洗剤」によるお掃除サービスを提供しています>

お知らせ

LINE 友だち登録キャンペーン実施中!

“おそうじワーク” を友だち追加していただくと、もれなく初回限定の “10%割引クーポン” をプレゼントいたします。

※ 左の画像を“クリック”するとキャンペーンのページに進みます。